犬フェラリアの予防方法や関連情報

犬のフィラリアの症状
犬のフィラリア症とは、寄生虫の一種に属するフィラリアによって、発生する症状全般という意味です。犬に寄生するのは「犬糸状虫」(いぬしじょうちゅう, Dirofilaria immitis)と言われる種で、犬の心臓(右心房/うしんぼう)と肺動脈(はいどうみゃく)を最終的な住みかとします。 フィラリアのメス体内に充満したミクロフィラリアと呼ばれる幼虫は、宿主(しゅくしゅ=寄生された動物のこと)の血管に移動し、蚊やブヨを始めとする吸血昆虫に吸い取られます。吸い取られたミクロフィラリアは吸血昆虫の体内で脱皮を繰り返して発育し、吸血昆虫が次に動物の血を吸った際、その動物の体内に侵入することで次々と感染していきます。犬のフェラリア予防も重要なことです。

犬のフィラリア症の原因
フィラリア症は、「犬糸状虫」という寄生虫が犬に感染することが要因で引き起こす病気です。犬糸状虫は基本的に蚊を感染経路として犬の体内に入ってきます。犬糸状虫に犬が感染すると、犬の体内で犬糸状虫の子虫であるミクロフィラリアが繁殖します。ミクロフィラリアは蚊を媒体して他の犬の体内に移動し、体内で成虫となって犬の心臓や肺動脈といった血管に寄生し、幼虫を産みます。犬糸状虫は成虫となると最大30cm程度まで成長し、犬の体を蝕んでいきます。

犬のフィラリア症の治療
毎月欠かせないでフィラリア予防薬を服用することで、子虫のほかに、成虫も駆除する効き目があることが分かり、獣医師の指示のもと、少しずつフィラリアの数を減らし駆除していく方法があります。

また、強い駆除薬を服用するフィラリア成虫を殺す方法がありますが、この薬は毒性が強く、一気にたくさんのフィラリアが血管や心臓につまり急な症状をだす恐れがあります。急な症状の場合は早めにフィラリアを取り出す必要があるため、専用の器具を使いフィラリアをとりだす外科手術を行います。

犬のフェラリアの予防
フェラリア症を予防する上で、必ずたいせるになることが、フィラリヤ症の予防薬を一般的に投与するということです。特にワンちゃんの場合には、蚊が飛び始めてから一ヶ月、蚊がいなくなってから一ヶ月という、一年の中で6ヶ月から7ヶ月の期間、予防薬を毎月投与する必要があります。直接的な予防法としてはこの方法が一番効果を得られるでしょう。

フェラリアの予防薬は、フィラリアに感染してしまう可能性が減少するすわけではなく、フィラリアが血管に侵入し、心臓や肺動脈に寄生する前に駆除するというものなので、成長する前に駆除しなければなりません。フィラリアが心臓や肺に達するまでは二ヶ月程度の機関があるので、その機関はきちんと投薬を続けることが必要です。そのため、動物病院に定期的に通い、しっかりと予防薬を毎月投与させるようにしましょう。

?性感染病治療薬をオススメ

レボフロックス

クラビット

アジー

アジー